各部門報告

ごあいさつ

縮小画像拡大する
縮小画像

このたび平成28年4月に開催されました特定非営利活動法人北九州診療放射線技師会総会にて第7代目の会長に就任いたしました独立行政法人国立病院機構小倉医療センターの中山政弘です。

 私は転勤に伴い、大分の別府市から初めて北九州市に移り住みました。あれから早や5年、鹿児島県出身の私には地縁はもとより、血縁もありません。この私が放射線技師会会員の皆様の後押しにより会長という大役を仰せつかることになり、身が引き締まる思いです。至らない点も多く、力不足とは思いますが、やれることは、やりきる覚悟で会務に臨みたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

 この夏の参議院選挙では、国会に診療放射線技師免許を持った仲間を送り出すことは残念ながら出来ませんでしたが、私の任期期間中にやるべき事は、まずは第1に 診療放射線技師職の認知度をさらに高めてゆくことと考えています。私たち診療放射線技師が、勤務する施設等以外で北九州市民の皆様と身近に接することができる場として【放射線展】があります。この【放射線展】では、案外、身近に存在する放射線の存在を市民の皆様に教える事ができて、また私たち診療放射線技師の業務内容を詳しく説明できる絶好の場と考えています。今年は11月5日(土曜)6日(日曜)に【第12回放射線展】を開催する予定です。昨年の【第11回放射線展】では来場者が1000名を初めて超えるなど、近年にない盛りあがりを感じることができました。【放射線展】にスタッフとしてご参加可能な会員の皆様を今後、募集しますので、ご協力をお願いします。

 第2に北九州診療放射線技師会誌の更なる充実を図ります。会員の皆様との情報交換の場、つながりを感じることのできる会誌を目指します。サイズをB4サイズからA4サイズへと大きくし、北水会をはじめとする各勉強会の活動報告、紹介をするページを増やします。また一時休載となっていた “病院紹介リレー” (仮称)を復活させます。近年、地区内の病院、クリニックの移転、新築の話を多く耳にしました。自薦他薦は問いませんので、施設を紹介したいと思われる会員の方はご一報をお待ちいたします。

 今後2年間、一生懸命、会務に臨む覚悟です。理事並びに会員、関係各位の更なるご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます

 特定非営利活動法人 北九州診療放射線技師会 会長 中山 政弘

更新日:2016年07月12日(火)

戻る