各部門報告

瑞宝双光章受章祝賀会開催報告

 9月10日(土曜)午後4時より小倉リーガロイヤルホテル3階エンパイアルームにて森本 諒(もりもと まこと)先生の瑞宝双光章受章祝賀会が、開催されました。

 残暑の残る中、総勢68名もの多数のご臨席をいただき、式典は森本先生のご略歴紹介から始まり、代表発起人中山会長挨拶、来賓祝辞、余興(スライド上映)、記念品贈呈、花束贈呈、謝辞、万歳三唱と、滞りなく進行し終了しました。
 来賓として中村泰彦 福岡県診療放射線技師会会長、新開英秀 福岡県診療放射線技師互助会理事長、熊谷孝三広島国際大学保健医療学部長、王丸俊彦 福岡県診療放射線技師会表彰担当理事の皆様に、ご出席いただき、ご祝辞も頂戴しました。

 乾杯後、祝宴に移りましてから、森本先生のご家族と写真を一緒に撮ったり、にぎやかに談笑する様が会場のあちこちでみられました。余興として上映された『森本先生の栄光への架け橋』と名付けられたスライドは、笑いあり、涙ありのサプライズたっぷりの上映でした。
 特に森本先生の幅広い交友関係を物語るような著名人からのビデオレターでは、会場から「オオッー!」と大きな歓声も上がりましたが、あのビデオレターは、製作者のウィットを効かせたジョークとのことですので、皆様、ご理解をお願いします。
 また、二神理事の手の上げ方など健康に配慮した万歳の仕方の指南は、会場を笑いの渦に包ませての万歳となりました。このように2時間半の時間は、あっという間に経ち、祝賀会は盛会裏に終わりました。

 受章祝賀会開催にあたり、ご協力、労力を提供いただきました皆さんに、御礼を申し上げます。
【特定非営利活動法人北九州診療放射線技師会からは、森本先生に勲記勲章額縁を叙勲記念品として贈呈しています】

拡大画像
縮小画像

更新日:2016年11月08日(火)

戻る