各部門報告

ごあいさつ

縮小画像拡大する
縮小画像

 診療放射線技師になって時間ばかり経過したことに驚きを覚える私が、学術委員長に任命され戸惑っています。医療技術短大を卒業し、一般撮影、CT、RI、血管造影などを担当しながらも、知らない事ばかりで何もかもに自信が持てず、闇雲に本を読み、勉強会に参加してきました。先日、開催した北九州MR勉強会終了後も会員同士で意見交換し、20年来のライバルである他施設の先輩のお言葉に、また気付かされるものがありました。

 近年では認定制度も細分化し、モダリティー毎に勉強会が開催され、専門分野化が進んでいます。一方、臨床現場では一人の技師が幾つかの部門を担当している施設が殆どであり、その難しさに焦りさえ感じます。北九州地区は各種勉強会、さらに北水会が定例会としておこなわれていますので、連携を図り充実した運用が可能だと考えています。少ない時間で効果的な勉強会を開催することが責務であると考え、二年間の任期で僅かでも皆様の手助けができるよう「よく遊び、よく学ぶ」の精神で努力してまいります。活発なご協力をお願いいたします。

更新日:2015年03月11日(水)

戻る